ホーム » お尻の黒いあざは一生治らないの?

お尻の黒いあざは一生治らないの?


de

お尻は実は日常的に非常によく使われる部分で、座ったり、こすれたり、黒くなりやすいデリケートな部分です。

しかし座ることをやめることなど出来ませんし、1日中立っていることも不可能です。原因を特定して、出来てしまったお尻の黒いあざをケアしていけば徐々に黒ずみも改善していきますから、まずは原因を特定しましょう。

まず、お尻に最も影響を受けさせているのが摩擦です。刺激を受けた肌は防御本能を発揮してメラニンを作り出す性質を持っていますが、下着のこすれ、座った時の圧力によって黒いあざとしてちょくちょく現れることがあります。

また締め付けのキツイ下着やお風呂でナイロンタオルでごしごし洗う、自分ではキレイにしているつもりなのにそれが黒いあざとして出てしまっては問題です。

下着はなるべく天然の綿のものを使う、摩擦が起きないよう椅子にはクッションを置くなどの対策が必要です。

お尻の皮膚はデリケート、ニキビにも対応しましょう

お尻のお肉は厚いから大丈夫、そう思っている勘違い女子も多いのですが、実はお尻は非常にデリケートな皮膚で構成されており、ちょっとの刺激にも黒く反応することがあります。

またお尻ニキビとしてニキビが発生することもありますし、粉瘤というおできのようなものができることもあります。

黒ずみとも異なり、黒いあざとも異なるできものですが、腫れて痛みを伴います。

こうなると、美しいヒップどころか、不細工ヒップになってしまいます。温泉でも気軽に後ろを向くのをためらわれますし、なんとなく居心地も悪いでしょう。

キレイなお尻をしている人をうらやんでみても仕方がありませんから、黒いあざ対策をして、これから美尻になるために改善していきましょう。

お尻のがさがさは黒ずみにも繋がる?

beauty
フェイス、ハンドなどは日常的に目につく場所なので、皆女性はキレイに保ちたがります。特にすっぴんでは美しく見えるように化粧水を何度も重ねたり、美容液もしっかり使うでしょう。

それに引き換え、お尻のケアは後回しにされがちです。確かにボディクリームで全身保湿をしても、自分で見るができないお尻は、なかなかケアする部分でもありません。目の届く範囲ばかりケアをしていて、お尻に黒ずみができてしまうのも不本意ですね。

一度、ご自身のお尻をチェックしてみてください。お尻がガサガサしたり、黒ずんだりしていませんか?それは保湿が足りないからですから、ボディクリームでのケアしてあげてください。

新陳代謝を低下させているのがお尻の圧迫で、これが進むとガサガサお尻になるのです。また古い角質ががさがさの原因になっていることもあります。

肌が敏感になっている生理時には蒸れるだけで充分刺激となり、黒ずみになることもあります。そんな時には綿やシルクなどの天然素材の下着を選ぶと良いでしょう。

また仕事で長時間にわたって座ることが多い人ほど、お尻が圧迫され、それが黒いあざの原因になります。お尻も日々のケアが大切であるということですね。

ガサガサお尻にもクリームは必要、専用のものも

そんなガサガサお尻にクリームは必要なのか否か?やはり、お尻のガサガサにはボディクリームを塗らないより塗ったほうが格段に良いです。

しかし角質肥大を起こしているお尻に塗っても、なかなか効果も得られません。ですから角質肥大した皮膚でも浸透するようなお尻専用のクリームを塗る、もしくはピーリングジェルで角質をとってみることがオススメです。

ピーリングで余分な角質を落とすことにより、よりクリームの浸透が良くなったり、専用のクリームの効果が増したりしますからオススメです。

お尻の黒いあざから脱却したいのであれば、試す価値ありでしょう。

お尻ニキビに睡眠と食事が大切なこと

suimin
お尻も顔と同じ体の一部、ただ隠れているか、見えているかだけの違いです。フェイスラインにニキビができると、食べすぎかなとか、脂っぽいものを食べすぎたなんて思うものですが、お尻の場合、そうは思わないでしょう。

しかし体にできるニキビのほとんどは原因が同じであり、偏った食生活やストレスなどがお尻に黒ずみ(黒いあざ)ができる原因です。

しっかり睡眠をとり、バラエティ豊かな食生活を送ることで黒ずみを悪化させずに済みます。これはお尻に対しても言えることで、インナーケアとしてバランスの取れた食事は基本です。

朝食をとり、ランチタイムを軽く済ませ、ディナーはそこそこ食べる。もちろん食物繊維を豊富に、野菜を中心としたメニューならなお良いですね。

また成長ホルモンが分泌される夜10時から深夜2時までの間にはぐっすりと眠っていたいものです。この時間帯に肌が生まれ変わるターンオーバーが活発になりますから、この時間帯には眠っておいたほうがよいのです。

ターンオーバーを活性化、女性ホルモンを正しく

 

女性であれば黄体ホルモンが出る時期があります。生理前になると黄体ホルモンが徐々に分泌が激しくなってきて、皮脂を過剰に分泌してしまうということがあります。

また不規則な生活や睡眠不足、ジャンクフードばかり食べているとなると女性ホルモンも乱れます。そして過剰分泌された皮脂が毛穴につまるとお尻ニキビができるきっかけとなるのです。

ホルモンバランスが整っていればフェイスにもお尻にも吹き出物はできず、キレイな状態を保っていることができますから規則正しい生活を、土日でも取りいれましょう。

お尻専用のクリームで黒ずみ除去?

juju
お肌は乾燥肌、だけどお尻は黒いあざが点々と、という場合、どんなケアをすればよいのでしょうか?

そんな人はお風呂上りにしっかり乾燥対策としてボディクリームをすでに使っているでしょうし、フェイスケアにもしっとりタイプの化粧水を使っているでしょう。

それでも長時間にわたるデスクワークでお尻は蒸れて黒ずみ続出・・・一体どうケアすればよいのでしょうか?

コスメサイトでトップクラスの@コスメでヒップケアランキング1位を獲得したのがピーチローズというクリームがあります。

ザラついたお尻が続けるごとにつるつるになると評判のクリームです。Ⅴラインにも使えることから、デリケートゾーンの黒ずみにも対応できることが分かってきました。

低刺激のお尻ケアクリームとして確固たる人気を持っています。

定番はピーチローズ、リーズナブルなヒップルン

 

リーズナブルな価格で、なおかつ効果があると定評があるのがヒップルン薬用ホワイトクリームです。1週間ほどでザラつきがしっとりなったようなという意見がちらほらと聞かれます。

ジェル状になっており、伸びが良いのでコストパフォーマンスも良いですし、お尻の黒いあざにも効果的です。

美白成分水溶性プラセンタが透明感を演出し、肌荒れに効果があると言われるグリチルリチン酸にも配合されていますから、お尻のザラつき、黒いあざにも効果的。

実感するのに早い人、遅い人に分かれるアイテムですが、お尻単体で使うのであれば、ヒップルンのみでも充分効果が現れるでしょう。

これらは全てインターネットで購入可能ですよ。

 

ケアの仕方
カテゴリ